Home » WMのノルウェー語挑戦 » ノルウェー語の文法を学ぶ

ノルウェー語の文法を学ぶ

ノルウェー語の文法を学ぶための本は、実はあまりありません。
『ノルウェー語四週間』
『自習ノルウェー語』
『ノルウェー語文法入門』
の3冊。そして最初の一冊は、本屋でみつけて次きたときに…と思っていたら売れてしまっていて、しかも既に廃盤でした。amazonでみると、かなり評価はいいので残念なのですが。
先日、『プロに学ぶ翻訳の醍醐味』という講座で聞いた話ですが、ドイツ語ですら、ここ10年、辞書の更新はないのだとか。学ぶ人が少ないために辞書を作ると採算が合わないと。
教科書も同じだと思うんですね。だから、ノルウェー語のよさげな教科書はみつけたら即購入がいいのかもしれません。

そんなわけで、文法は主に『自習ノルウェー語』で勉強しています。
並行して、対面レッスンで使用していた『Norsk Nå』ですね。
自習ノルウェー語は、例文が出てその後に文法、練習問題という感じで、本当に「自習」できるものです。
Norsk nåは、あちらのノルウェー語学校で実際に使われているものらしく、生活に密着した言い方や単語が多く出てきました。聞き取りの練習もあるのですが、回答はついてないので(^^;; 対面だからこその部分もありました。
ただ、いわゆるドリルも分厚くて、ものすごく勉強になりました。

話を戻しますと、いわゆる1800円前後の教科書では、会話が中心なので、文法はかなり弱いです。
主節と従属節で語順が変わるとか、冠詞の使い方とかさらっと触れてはいるんですが、「わかるような、わからないような」という感じです。
でも、『自習ノルウェー語』とか『やさしいノルウェー語の作文』に出てくる語順の決まりとかを読むと「ああっ」となります。
これが解ってから、ノルウェー語の文章を読むのも、自分が書くのもかなり迷いがなくなりました。

『ノルウェー語文法入門』は、文法のみ徹底的に書いてあるようですので、今はリファレンス本のように使っています。『自習ノルウェー語』が終わったら、最初から確認しようと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。