Havet

Havet(海)  詩:Håvard Rem 訳: Tomoko

君が空に放った雫は、
真っ青な道筋を探す。
太陽が彼らを通して輝き
みんなに自らが輝くのをみてもらうように。 自ら輝くように。

君が空に放った雫は、
風が砂浜へと導く。
太陽がその場を暖め、雫を消してしまうように。 消してしまうように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。