Home » Håvard Rem氏の詩紹介 » Fjernt inne

Fjernt inne

Fjernt inne(遙か内側)
詩:Håvard Rem 訳:Tomoko

遙か内側
君自身の深淵にある謎は、
恐れから生じた白い霧を吸い込み、息づいている

人生の嘘を克服し、理解した今、
君は向かう先が、これまでの人生より短いことに恐れをいだいているのだろうか?

覆すにはあまりにも遅く
あまりにも疲れ
始まった場所からは、あまりにも遠い

君が踏みつけ、隠してきた疑問は
再び光を帯び、姿を現す

君から飛びだし
君の前で
向きを変え
君に向かい
尋ねる

この場所は、かつて輝いていた君の道を知っている

けれどこの先
君はどう歩んでいくのか
私について知るべき事よりも、更に多くのことが待っているというのか、と。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。