Tilbud

Tilbud(供給)
Dikt:Håvard Rem 訳:Tomoko

僕が出会ったのは、目覚めて意識のはっきりとした顔だった。
待ち受ける課題を意識した表情。
両目は決意で輝いていた。
僕は、聞きたかった最初の言葉に耳を傾ける。

経験せよ

そう、僕はこの言葉が様々な可能性をもたらしてくれると考えていたんだ。
机上の空論だけでなく、実際の個人的な知識の共有を。

けれど、残念なことにそこには、経験する嘘の関係が沢山あった。
そうした経験にそれほどの価値がないから、より多くを語る。

本当の経験をせよ

僕はその言葉達の味わいに満足する。
そこには、激しく・強い考え方がある。
そして、もう偽りや幻想の経験はない。
いや、本当の経験は何かしら本質的で、土台のあることなんだ。
けれど、真実…全ての真実はポジティブな経験だけを維持することはできない。
真実には、本当の悪と悲しみが存在するから。

本当の喜びを経験せよ

僕は歓喜した。
全ての傷つく可能性は切り離され、
そこにあるのは、光と喜び、そして誰もが探し求めていたに違いない状態に戻るのだ。
情熱的で、個人的で、断固とした
純粋で、偽者ではない、本物
感動的で、建設的で、明るい

経験せよ、本当の運転する喜び Saab 99


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。