Home » Håvard Rem氏の詩紹介 » Hvil deg , glem meg

Hvil deg , glem meg

Hvil deg , glem meg (おやすみ、僕を忘れて)

詩:Håvard Rem   訳:Tomoko

君はいつも誠実だった
君はいつもそこにいた
君には夢があって
夢の中では僕はいつも一緒だ
けれど僕は、離れたいんだ
行かなくてはいけないから
僕が夢見る場所は、ここではないから

君はいつも弱かった
僕は更に強くなった
僕が旅立つのを止めてしまったのは君だよ
それが、君が与え続けた君の弱さ
それが君の夢
僕は君の夢から、決して旅立つことは出来ないんだ


Post Tag With : ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。