Home » Håvard Rem氏の詩紹介 » Natten er borte

Natten er borte

夜は彼方    
詩:Håvard Rem 訳:Tomoko

夜はもうすぐ彼方へと去り、
君は決して宇宙の謎を理解することはないだろう。
恐らくそこに謎はなく、 ただ、君の意識が堂々巡りをしているだけだ。
ようこそ、身近な世界へ。

夜は彼方へと去り、
空にある痛みもまた、夜と共に去って行く。
ようこそ、身近な世界へ。

昼はここにあり、 地球はここに楽園として存在する。
人々が、ゆっくりとあたりを見回せるように。
ようこそ、身近な世界へ。


Post Tag With :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。