Home » Håvard Rem氏の詩の紹介

Håvard Rem氏の詩の紹介

彼の詩に出会ったのは、モートン・ハルケットのノルウェー語のアルバム「Vogts villa」の歌詞を探していたときでした。

当時、Swedish home of a-haというサイトがあり、そこにノルウェー語の歌詞の英訳がありました。
英語から日本語に訳してもいい?と、そのサイトの管理人さんにお伺いしたところ、快くOKしてくれて、つたないながらも、そこから日本語にしてみたのでした。
その中のTaksameteret gårという詩の歌詞に惚れ、2010年a-haの解散を機にニュースやモートンの詩の世界をより知るためにノルウェー語の勉強を始めました。
Facebookで偶然にもRem氏をみつけ、こういうわけでノルウェー語の勉強をしているのと話したところ、本をいただき、訳の許可を貰いました。
現在、彼の私撰集「Taksameteret går」および「30-40-50」について、本人および出版社から翻訳の許可を得ており、日本での出版を考えています。

彼の詩は、とても心の奥に響くので、こちらでも紹介したいと思います。
タイトルをクリックすると、訳に飛びます。
(この訳の無断転載はおやめください)

Den første gangen jeg fant hans dikt, var da jeg søkte etter tekstene til
”Vogts villa”.
Jeg fant en nettside som het “Swedish home of a-ha”.
Hun oversatte “Vogts villa” til engelsk.
Det var mange fine dikt i “Vogts villa” og jeg likte “Taksameteret går”
best.
I 2010 sluttet a-ha.
Jeg bestemte meg for å lære meg norsk for å forstå intervjuer med Morten i
norske aviser og for forstå de norske diktene på Mortens album.
Jeg fant Håvard Rem på facebook og fortalt ham at jeg nå lærer meg norsk
nå for å forstå “Vogts villa” og intervjuene, så han sendte meg sin bok og
han tillot meg for å oversette hans dikt til japansk.
Hans dikt klinger dypt i sinnet mitt.
Derfor vil jeg introdusere hans dikt til japanerne.

<Vogts villa>
Jeg kjenner ingen fremtid
Taksameteret går
Herre i drømmen

<Taksameteret går>
Vi er der vi møttes
Rikene
Havet
Fjernt inne
Tilbud
Hvis jeg går
<30-40-50>
Hvil deg, glem meg
Det du har